古物商許可

1月8日に警察署で申請、2月8日に許可証を受け取ってきました↓

ちょうど1ヶ月ですね。

申請に必要な書類が色々あるので、準備の期間を入れると

1ヶ月+1週間ほどでしょうか。

この古物商、なぜ警察署に許可申請が必要かと言うと、

盗難品の流通防止と早期発見、被害者への還付のためです。

当社の場合、今のところ古物を扱う予定は無いのですが、

会社設立時に定款を作成する際、司法書士さんが気を遣ってくださって

通販や小売りをすると中古品を取り扱う可能性が高くなるので

予め事業目的に入れておきしたと。

途中で定款の内容を変更すると数万かかりますからね。

で、いざ必要になった時に許可証が無いと販売出来ないため、

予定は無いけれども先に取っておきましょうということで取得。


写真の標識ですが、これはサイズや色も決められています。

詳しくは警察でいただいた書類をどうぞ↓

私は通販で「アルテスタ」さんというお店に作成依頼しました。

付属品の選択肢として接着用マグネットがあったのでね。

見えるところに掲示要なので、今は郵便受けにで~んと貼ってます。


それから、このプレートにある「道具商」の部分ですが、これは申請時に、

取り扱う商品の種類をカテゴリーの中から選ばないといけなくて(複数選択可)、

そのうちメインとなる物を1つ決めなければなりません。

animalenで取り扱うとすれば雑貨とペットの洋服(衣類)になるため、

メインを「道具」にしました。消去法ですね。^^;


なお、この「中古品」はあくまで「国内での流通」に適用されるものですので、

海外からの輸入には関係ありません。

昔イギリスでアンティークのアルバイトをしていた関係で、

以前ヨーロッパで買い付けたアンティーク(=中古)を

日本で販売したことがありましたが、これは対象外なんですね。

Aさんが海外で買い付けた商品(一旦日本に持ち込んだ商品)を

B社が買い取り、このB社が販売するとなるとB社は「古物商許可」を

持っていないといけないのです。


以上、古物商についてのお話でした♫




animalen

「共生」をテーマに、人と動物の生活雑貨やフードを扱っています。 SHOPでの売上げの一部を、日本赤十字社および動物愛護活動をされている方々に寄付させていただき、その金額についてはこちらのHP上で公表いたします。

0コメント

  • 1000 / 1000