BLOG

先日Twitterに流れてきた瀬戸内寂聴さんのお言葉。


“「念ずれば花開く」という言葉があります。

 私は何かするとき、必ずこれは成功するという、

 いいイメージを思い描くようにしています。”


やりたい事はいろいろあっても遅々として進まず、、

ですが、私もポジティブに必ず実現すると信じてます。


寂聴さんと言えば☆

KOBACHIの写真を撮ってもらったフォトグラファーの斉藤ユーリ氏。

The MODS や a-bra:z 関係でもおなじみですが、

以前 寂聴さんの専属カメラマンもされていて

その頃に発売された写真集がコレ↓

もちろん私も持っていますが、もう10年前なんですね。。


そして2週間前に発売された矢沢永吉さんの写真集「俺 矢沢永吉」にも

Yuri氏が雑誌「ぴあ」のために撮影した写真が1枚使われています。

                ↑ Photo by Yuri Saito


よろしかったらお手に取ってみてください。^^






皆様 無音に打ち過ぎ申し訳ございません。

2月下旬から3月にかけては父の事でほぼ時間が過ぎていき

イベントや選挙などもあって何時の間にかもう4月も終わりですよ。

(というか平成が終わる)


もちろんお仕事もしてましたけども中々思うように進まず (- -; 

色々な方達に相談している企画が上手く動き出したら

このサイト自体を少し変えようかと思っていたので

ブログも控えてはいたのですが・・・

2月の記事の次が「今日から令和ですね」って言うのも何なので

再開することにしました。


この2ヶ月何があったかなぁ。。と思い返すと

先日TV「朝だ!生です旅サラダ」(朝日放送系列)で

F-BLOOD=藤井兄弟お揃いで出演されていましたね♫

有田町も出てきてテンション上がりまくりでした(笑)


FFMさん関係では他にも「#かぞくのすまいる」(FBS福岡放送)の

公開生放送&イベントが博多駅であり、藤井フミヤさんがゲスト。

観覧募集に応募してみたら見事当たって運を使い切った感。

たまにこういうご褒美があると大変な日々も頑張れますね。^^


1月8日に警察署で申請、2月8日に許可証を受け取ってきました↓

ちょうど1ヶ月ですね。

申請に必要な書類が色々あるので、準備の期間を入れると

1ヶ月+1週間ほどでしょうか。

この古物商、なぜ警察署に許可申請が必要かと言うと、

盗難品の流通防止と早期発見、被害者への還付のためです。

当社の場合、今のところ古物を扱う予定は無いのですが、

会社設立時に定款を作成する際、司法書士さんが気を遣ってくださって

通販や小売りをすると中古品を取り扱う可能性が高くなるので

予め事業目的に入れておきしたと。

途中で定款の内容を変更すると数万かかりますからね。

で、いざ必要になった時に許可証が無いと販売出来ないため、

予定は無いけれども先に取っておきましょうということで取得。


写真の標識ですが、これはサイズや色も決められています。

詳しくは警察でいただいた書類をどうぞ↓

私は通販で「アルテスタ」さんというお店に作成依頼しました。

付属品の選択肢として接着用マグネットがあったのでね。

見えるところに掲示要なので、今は郵便受けにで~んと貼ってます。


それから、このプレートにある「道具商」の部分ですが、これは申請時に、

取り扱う商品の種類をカテゴリーの中から選ばないといけなくて(複数選択可)、

そのうちメインとなる物を1つ決めなければなりません。

animalenで取り扱うとすれば雑貨とペットの洋服(衣類)になるため、

メインを「道具」にしました。消去法ですね。^^;


なお、この「中古品」はあくまで「国内での流通」に適用されるものですので、

海外からの輸入には関係ありません。

昔イギリスでアンティークのアルバイトをしていた関係で、

以前ヨーロッパで買い付けたアンティーク(=中古)を

日本で販売したことがありましたが、これは対象外なんですね。

Aさんが海外で買い付けた商品(一旦日本に持ち込んだ商品)を

B社が買い取り、このB社が販売するとなるとB社は「古物商許可」を

持っていないといけないのです。


以上、古物商についてのお話でした♫




随分長いあいだブログをお休みしていましたが

今日からまたぼちぼちいきますのでよろしくお願いします^^


「この事を後でブログに載せよう♪」とはちょくちょく思うのですが

他のことに追われて後回し後回し後回し・・・で、そのうち忘れる ^^;

ペーパードライバーなので、公共交通機関での移動中は

出来るだけLINEの返信やメールを優先するんですけども

打っている途中でうたた寝してしまって、目が覚めたら

文章途中のまま送信ボタン押してるって言うね、、、(あるある)

で、そのフォロー(お詫び)にまた時間を取られるという( ̄― ̄)


それを考えると市川海老蔵さんはマジ凄いです。。

享さん(武内)のTweetも。

Twitterは追いきれないのでたまにしか覗かないのですが

必ずタイムラインに居る(笑)そしてリプもけっこうしてますよね。

あんなにマメな性格だったとは!


あと写真ですけどね、元々写真を撮る習慣が無いのですよ。

旅行に行っても、風景は自分で撮った写真よりネットやガイドブックに

載っている写真の方が綺麗だから撮らないし(単なるヘタッピーじゃないかw)

写真を撮る時間この眼と脳裏に焼き付けておきたいっていうのもあるのですが…

撮っておきたいとしたら人含めて生き物かな。。あと動画とか。


インスタやTwitterに載せてある料理の写真も、見るのは好きなのですが

料理は出されたら冷たいものは冷たいうちに温かいものは温かいうちに、

お寿司に至っては出された瞬間手が出るって言うね(笑)

お店側としても撮ってSNSに載せてもらった方が宣伝になるから

有り難いかもとは思うのですが、忘れちゃう。


今日は特別なディナーだから撮っておこう!と意気込んで周りに宣言して

レストランの方にも最初に「お写真撮らせていただいていいですか?」って

許可もいただくでしょ。

コース料理だと初めの方の2品までは意識してるんですけども

3品目あたりになってくるともう忘れてて出されたら一口食べてる。

なので最近は諦めて、お友達と一緒の時は、友達にあとで画像を

送信してもらってます(笑)


でも家族での食事だとひどい。

去年の姉のお誕生日祝いはオークラ(福岡)の桃花林さんだったのですが、

写真撮ると宣言しておきながら食事終わって気が付いたら

食事が始まる前の姉夫婦のツーショットまでしか撮ってなくて

お料理の画像が一枚もありませんでした、、、すまんよ (- -;

後で姉にもし写真撮ってたら送ってって頼んだら、当然のごとく

姉も1枚も撮ってなかったっていうね、、(義兄は撮らない派)

まぁ そういう食い意地のはった家族です。


画像は6年前(多分)の父のお誕生祝い↓

姉夫婦は許可とってないので一応顔を隠しとこう。

出来るだけ自分の写真映りの良いのを選びましたw(当然)

今はヘアードネーションのために髪が背中まで伸びてます。



これまで決済方法は「クレジットカード」「コンビニ決済・Pay-easy」「銀行振込」の

3通りでしたが、携帯電話による「キャリア決済」を追加いたしました。


現在ご利用いただける決済方法の詳細は以下のとおりです。


また、各コンビニでの「お支払いの流れ」は、以下のリンク先からご確認いただけます。

 https://thebase.in/pages/pay_cvs




NET SHOPで商品をご購入いただいたお客様より、BASEから自動で送信される

「購入完了メール(支払い情報)が届かない」とのご報告を受けました。


BASEから送信された自動メールの内容や受信状況は、出品者側では

確認することが出来ない(BASE側が開示・案内していない)ため、

私も自身で、異なるメールアドレスを使ってテスト注文・検証をしたところ、

購入完了の自動送信メールが届いたのは3件の内1件のみでした。

いずれも「受信拒否」の設定などは全くしておりませんが、

あとの2件は情報が届かないという状況のため、BASE側アドレスの

ドメイン「thebase.in」がブロックされやすいのではと思っています。


尚、使用した3件のうち、携帯アドレス(i.softbank.jp)については、

上記ドメインを「後方一致」で「受信許可」の設定をしたところ

問題なく自動送信メールが届くようになりました。

設定方法については、以下の「Q&A」をご参照ください。


◆「自動送信メールが届かないときはどうすればいいですか? 」

 https://help.thebase.in/hc/ja/articles/206341762


ご注文時に「コンビニ・Pay-easy決済」「銀行振込決済」などを

ご選択されたお客様は、念の為ご注文確定後に表示されます「お支払い情報」を

メモまたはスクリーンショットなどで残されることをお勧めします。


既にご注文いただいたお客様の中で、購入完了メールが届かないため

お支払いが出来ないという方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なく

「CONTACT」よりE-mail・お電話などでお問い合わせください。

折り返し、必要な情報をご連絡させていただきます。


また、BASEのサイトで「よくあるご質問(FAQ)」をまとめていますので、

ご不明な点がありましたら、参考になさってください。


◆「よくある質問」 

 ※[購入者向けヘルプ]と[ショップ向けヘルプ]でタブが分かれています。

 https://help.thebase.in/hc/ja





既にSHOPの情報は変更済みですが、一部エリアに於いて、

BASE提携のヤマト運輸による送料が安いことが判明しましたので、

以下のとおり変更させていただきました。

(日本郵便さんごめんなさい!少しでも安い方が、、、)


 ◆佐川急便・・・飛脚宅配便(60サイズ)

   九州・中国: 750円

   四国・関西: 850円

   北陸・東海: 900円


 ◆ヤマト運輸・・・宅急便(60サイズ)

   沖縄県・関東・信越・東北・北海道: 960円


既にご注文くださっている中で、関東・信越地区の方が4名ほどいらっしゃいますが、

該当のお客様には差額返金につきまして、個別にメールさせていただきますので

今しばらくお待ちくださいませ。



おはようございます^^

昨日、正式に販売開始しました藤井尚之さんの "KOBACHI the ONE"

早速ご注文くださった方もご検討くださっている方も

本当にありがとうございます!


藤井さんから頂いた原画(PDF)や実際にお送りする商品の写真は

既にUP済みですが、改めて試作品との比較を。


【試作品】


茶色の部分が薄くかすれたようになっているため、原画に近づくよう

もう少し濃く出来ないか華山さんにご相談。


その後華山さんに届いた転写紙の写真です。

 ※転写紙は専門のメーカーに外注されています。

 

   ↓

上が試作品用で下が本制作用。わずかですが濃くなっていますね。

で、焼き上がりがこちらです。


    ↓


茶色のラインがくっきり出てますよね。

(自然光の下で撮影はしたのですが、なにせド素人のスマホ写真ですので

 影etc. 目をつぶってください、、、)

場所によっては、もっとダークブラウンに近いお色に見えます。


分業制なので、転写紙に限らず、器自体の生地も専門業者さんから仕入れます。

この辺の器制作の流れについては、また崋山さんとも確認のうえ

日を改めてご紹介いたしますね。


では、今日も元気で楽しい一日を♫




”KOBACHI the ONE” の送料を手動で設定する際、

関東地区など一部のエリアの料金を誤って設定しておりました。

大変申し訳ございません。

現在は正しい料金に修正済みですが、念のため以下に記載いたします。


 ◆佐川急便・・・飛脚宅配便

   九州・中国:  750円

   四国・関西:  850円

   北陸・東海:  900円

   関東・信越: 1,100円

   東北   : 1,300円


 ◆日本郵便・・・ゆうパック

   沖縄県  : 1,000円

   北海道  : 1,300円


送料の決定に当たっては、佐川急便・日本郵便・ヤマト運輸の3社で比較し、

エリア毎に最も安い金額より端数~200円程度を割り引いて算出しております。

クロネコヤマトさんが無いのは、単に全てのエリアで日本郵便さんや佐川さんより

高かったんですね、、、 

配達員さんは良い方達ばかりなので心苦しいのですが - -;


また、弊社が福岡にあるという理由で北国の方達に負担をおかけするのは

申し訳ないと思い… 本当は全国一律料金にしたかったのですが、

どのエリアからどの程度のご注文があるかも見当がつかないため、

今回は上記のとおり地域別の設定にさせていただきました。

せめて九州エリアとの差が少しでも縮まるようにしたつもりです。


小鉢2箱(4個)までは「60cmサイズ」で送れますので、

もし購入されたいお友達がお近くにお住まいでしたら、

一緒にご注文されるのが良いかもしれません。



FFMのマネージャーさんと何度目かのやりとりで

初めて電話でお話した時に判明したのですが、なんと!

マネージャーさんご自身が有田町ご出身の方だったのです。

いや~ さすがに「マジですかっ!?」と。ビックリしました。

有田町というのは私が生まれ育った町(旧 宮田町)と同じくらい

小さなところで、人口は2万人強。

東京在住で有田出身の方に出くわす確率を考えたら・・・

あまりの偶然に、この時ばかりは本当に驚きました。


華山の山本社長にお会い出来たのは10月中旬でしたが、

とてもとてもお忙しい方で、度々関東にもご出張されており

1週間通してご不在のこともザラです。

それでも社長自ら対応してくださっていたのですが、

あまりに申し訳ないので、途中からお嬢さんに窓口になっていただき、

スケジュールや焼付けの調整など何かと助けていただいています。

いずれ3人でFFMさんへご挨拶に伺えたらと思う今日この頃。


犬のイラストについては、「鉛筆書き」という案もあったのですが

最終的には現在のイラストが11月に入って届きました。

藤井尚之さんの原画です ↓  


当初は絵のみでお名前が入っていなかったため、サインを入れてもらってほしい

(出来れば、animalenの名前もついでに ^ ^;)とお願いしたところ、

上記のように手描きで「animalen nao」と入って戻ってきました👍 


商品の詳細は今夜までにはご案内いたしますね。

一番悩ましかったのは送料でした、、、


では、皆さん今日も元気で楽しい一日を!



以前にご縁のことを書きましたが、華山さんもその一つです。

あ、「人のご縁だけは大事にしていきたい」と書きましたが

一部訂正いたします。「良いご縁だけは」です(笑)

悪い縁はさっさと切ってですね・・・( ^ω^)


FFMさんとの交渉は9月上旬から始めていましたが、

その間に器を焼いていただく会社を当たっていました。

残念ながら福岡県内ではスケジュールも含め該当するところが無く、

最終的な候補は、波佐見焼(長崎県)と有田焼(佐賀県)に。

この時点ではまだメーカーまでは特定できていなかったため、

とにかく現地に行ってみようと、出かけたのが10月頭のことです。


波佐見焼も長崎とは言え有田のお隣ですので、駅はいずれもJR有田駅。

我が家から有田まで約3時間かかるため、滞在できるのは数時間。

まずは腹ごしらえ!と軽くランチ出来るところを駅員さんに伺ったところ

近くにある観光案内所内にあるのCafeを教えていただきました。


◆KILN Cafe(有田まちづくり公社内):https://aritasu.jp/

残念ながら、メニュー改定中のため今はドリンクだけでフードがないとのこと。

腹が減っては戦が出来ないので(誰と?)、まちづくり公社の責任者の方が

幾つか教えてくださった中で、ネットでもチェックしていた

2000客以上の有田焼カップが置いてあることで有名な

「ギャラリー有田」さんへ行くことにしました。


Shopも併設されているので有田焼がいっぱい💗 お昼時でお客様もいっぱい!

お手洗いに行った際レジ前で売っていたガイドブック300円をお買い上げ。


セットメニューを頂いて購入したガイドブックをパラパラめくりながら

波佐見に行く時間が少ないこととか、有田に着いてからのことを思い返し・・・

有田駅の駅員さん皆さんとても親切で感じ良くて、

有田まちづくり公社の方も親切で感じ良くて、

ここのレストランのスタッフさん達も親切で感じ良くて、


もう有田焼でいいんじゃね? ってなったよね。


器を作るとなればこれから長丁場、先々また器を作ることになったら

長いお付き合いになるわけで、気持ちよくお仕事したい。

お会計の際スタッフの方に、ガイドブックに載っている

「佐賀県陶磁器工業協同組合」について幾つか伺ってからお店を後に。


          ◆ギャラリー有田:https://gallery-arita.co.jp/

お店の前に停められていた社有車は有田焼柄のMINIでした♫(派手!!)


陶磁器組合は駅の反対側だったので、来た道を駅方面へ戻っていくと

再度まちづくり公社の方とお会いし(笑)、駅員さんに組合へ行く

一番近い道を確認すると「面白い道(細いトンネル)がある」と

駅の表まで出て教えてくださり、多謝多謝です💕

         

◆佐賀県陶磁器工業協同組合:http://www.aritayaki.or.jp/


私が心配していたのは、老舗の窯元などは基本「染付け」のはずなので、

イラストの焼付け(プリント)をやってくれるのだろうかということでしたが、

事務所の方に主旨を説明すると、事務局長さん自ら対応してくださり

数は少ないけれども色々と対応している会社が数社あるとのこと。

会員名簿のコピーにマーカーで印を付け、隣のギャラリーにある

窯元の器のコーナーに案内してくださったのでした。

地図にも印をつけてくださると、いずれも組合からは同じくらいの距離。

先に華山窯に行くことにしました。

ポイントは、器の感じと、紹介文に「鍋島藩の御用窯」とあったこと

(鍋島焼好きなんですよね~)、そして「華山」というお名前です。

私、苗字が渡辺なので・・・渡辺華山・・・誕生日1日違い!

(相手は寛政5年ですけどね!!) 勝手に縁を感じたのでした(笑)


タクシーを呼んでくださったので、華山さんまでは5分ほど。

事務所には事務の女性がお一人だけで、その方もまた良~い感じのお方👍

社長始めお嬢さんや営業の方達も皆さんお出かけとのことでしたが、

この日は取り合えずご挨拶だけの突撃でしたので、名刺をお渡しして

詳細は後程メールさせていただきますとだけお伝えして失礼しました。

で、他のところはもうお訪ねしなかったんですね。

私けっこう人の運は良いので、自分の勘を信じる方です。


しばらく後に、昔の同僚と会って前述の話をしたところ

「え~ わたし波佐見焼協会の関係者の娘が友達なんですよ!」


将来、もし長崎出身の方に器のイラストをお願いすることになったら、

波佐見焼にすると約束しました(笑)


          ◆有田焼 華山窯:http://www.aritakazan.com/


Checkers絡みということで^^


中目黒~芦屋時代はサミットとかミニサミにも行ってたなー(遠い目)

楽しいし気持ち良いですよね、彼らのステージ。

新木場とか三茶とか。。基本Liveは一人参加でしたけれども

行けばその場に居合わせた参加者の方とお話できますし。


秘書をしていた時は、組織や業界の中でトップの人と接するのは通常業務ですが、

そういう立場の方達が皆さん人格者かというと、それはまた別で、、、

もちろん素敵な印象の方のほうが圧倒的に多いのですが、中には

いくら仕事が出来ても能力があっても、これ人としてどうよ (- - +

と感じる人もそりゃ~居るわけですよ。


若い時に頂点を極めた人は勘違いしたまま年を重ねることも多いですが、

そういう中で、亨さんも裕二さんも尚之さんも、それぞれ本当の意味で

nice guy:内面が男前ですよね。

歌や演奏が良くても、嫌な奴のLiveにお金出して行こうとは思わないもの。

それどころか好きだった歌までもが色あせて嘘っぽく感じたりする。


私が敬愛する福岡のBandに

SHEENA & THE ROKKETS と THE MODS があるのですが

彼らもまた非常に魅力的で… 以前のようにLiveに行けないのが悲しい💧


ニャンズのお世話を父に頼めなくなった上、会社の事もあるので

余計に動けないけれど、体制が整って自由がきくようになったら

またサミットとかも行きたいな。

ablog見ると福岡は既に満席ですか (- -; 3/17熊本ならまだ可能性が。。

その頃には動けるように頑張ろう!